月見草のように・・・

2017年より、ブログ名変更(旧名称「麺食いのためのらぁめん is No.1!」→「気分爽快♪」)。タイトルのように、私は地味にひっそり生きています。
YAHOO! JAPANラーメンブログ王2009決定戦 金のブログ王獲得!

【居酒屋】まるます家@赤羽(東京都北区)4

土用の丑の日と丑の日の谷間になりましたが、どうしても鰻が食べたい!
ということで、聖地赤羽のこちらのお店へ。
当然のことながら外での待ちです。

うなぎ蒲焼(1800円)
DSC_2994

DSC_2981

DSC_2982

外待ちしているときでも鰻の蒲焼が売られている姿を見ることができますが、1800円の鰻でも結構な大きさ。
そして安心の産地表示。国産の鰻は大きさもそうですが味わいがいい。

お酒のアテの鰻は最高ですね。名物のジャンハイにしようか日本酒にしようか考えたものの、蒲焼を食べると決めていたので日本酒。奮発した甲斐があります。

鯉生刺(600円)
DSC_2997

初めて食べた鯉の生の刺身。鯉のあらいなどとは違い、生ならではの色合いと味わい。
やわらかさも程よく、今後ここに来た時には必須のメニューになりそう。

まぐろヌタ(600円)
DSC_2991

ヌタ好きなんですよね。最初に食べるアテとして愛用できます。

じゃこ天(350円)
DSC_2998

じゃこ天はたいていはずれがないだけに、これも必需品といえるアテの1つです。

清酒 新潟長陵(350円)
DSC_2988

まるます家は1人お酒3本と決まっているので、3本をどうやって飲むかということにつきます。
今回は鰻メインにしたのでオール日本酒で。

鯉とうなぎのまるます家 総本店 住所:東京都北区赤羽1-17-7
DSC_3000

DSC_2983


[食べログ.com]


関連ランキング:居酒屋 | 赤羽駅赤羽岩淵駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【鰻】山家膳兵衛(ルミネ大宮店)@大宮(埼玉県さいたま市大宮区)3

大宮駅のルミネ2にあるお店です。土用の丑の日が近づいていたので鰻を食べなきゃ!ということで・・・

塩焼鰻丼(2052円) ※お吸い物は肝吸いに
DSC_2970

DSC_2966

DSC_2972

鰻の塩焼きを丼にするのはかなり珍しく、たれ焼きの鰻と比べるという点では興味深いです。
器の方は丼というよりは、籠のような箱に入っています。
見た目という点では個性を感じます。

別にわさびもついているので、わさびを載せて鰻をいただきます。
白焼きそのものは酒を飲みながら食べるとおいしく感じますが、やはり2000円ですと鰻の量が寂しいです。
国産鰻ゆえに高めの設定になるのは分かっているものの、鰻がこのサイズならご飯の量は半分で十分かと。

生ビール[アサヒスーパードライ ドライプレミアム](600円)
DSC_2964

DSC_2965

ビールのアテとしては骨せんべいがついています。お酒・ビールに骨せんべいは欠かせないです。

う匠 山家膳兵衛(ルミネ大宮店) 住所:埼玉県さいたま市大宮区錦町630 ルミネ大宮ルミネ2 4F
DSC_2973


[食べログ.com]


関連ランキング:うなぎ | 大宮駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【うなぎ】カブト@新宿(東京都新宿区)4

一通り(1480円)※れば焼き終了のため
新宿の思い出横丁には多数の飲み屋さんが連なっており、夕方から夜となれば帰宅前に1杯という人が多くいにぎわています。
こちらは、その中でも鰻専門のお店。一通りは7串出てきます。
(れば焼終了の場合、えり焼が1本増えます)

20160909_194933

先ずは「えり焼」。ほぼ頭の部分で骨もありますがこりっとした食感。蒲焼とは違った鰻の味わいを楽しむにあたってのスタートになります。

20160909_195312

れば焼が終了しているので「えり焼」でもう1つ。これは先のほぼ頭の部分とは違っで、蒲焼に近い印象。

20160909_195402

「ひれ焼」。その名のとおり背びれなどを集めたものでこれをぐるぐる巻きつけています。
このお店には骨せんべいはありませんが、こうしてみると鰻は残す部分がないってことですね。

20160909_195811

「きも焼」。おなじみの肝です。独特の苦みがあるのが特徴ですが、さほど苦みは感じず。

20160909_195934

最後は「一口蒲焼」。おなじみの蒲焼のミニサイズ。
これでいろいろな部位を一通り楽しめるわけですが、れば焼を食べるのであれば早い時間でないとだめってことですね。
ただ、一通りだけでも満足いく飲みが手軽にできます。常時混んでいるので、サクッと行ってサクッと引き上げるのがいいかも。

ビール小(480円)
20160909_194817

思い出横丁だと昔ながらのラガービールですね!

カブト 住所:東京都新宿区西新宿1-2-11
20160909_200306

20160909_200252


[食べログ.com]


関連ランキング:うなぎ | 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【鰻】尾花@南千住(東京都荒川区)5

白焼(4300円)
20160710_131048

江戸前鰻の最高峰といえる尾花。天然鰻であることはもちろん、さばき方、蒸し方、焼き方とどれ1つ欠けても成り立たない尾花です。
土用の丑の日直近でないとはいえ、夏は行列覚悟。昼の部ですと開店時間直前に行ってもアウトです。
そのため、開店してもよほど早く並ばないと先ず最初のロットで入るのは無理。
鰻にありつけるには忍耐が必要なわけです。

ようやく鰻本体にたどり着いたのは、並んでから2時間30分後。
けれど、白焼きを一口食べると、並んだ甲斐があるというものです。
さばき方、蒸し方、焼き方のバランスがよいので、とろけるような食感の鰻の味わいがストレートに伝わります。
白焼きですとタレでごまかせない分それらが見事にわかるわけですが、久しぶりの尾花の白焼は最高ですね。

うな重(5300円)+きも吸(400円)
20160710_131554

20160710_131530

白焼に続いて登場したのが鰻重。これも当然ながらさばき方、蒸し方、焼き方が命なわけですが、白焼き同様とろけそうな食感がよく、鰻重としては最高峰と言えるぐらいの味わいに。
ごはんとタレとの組み合わせもよく、鰻重としての一体の味わいは最高です。

鰻の魅力をたっぷり感じました。

鰻にたどりつくには、店内に入れても時間がかかるわけですが、下記のとおり鰻を使った一品もまた絶品です。

うざく(1900円)
20160710_125054

蒲焼同様鰻の食感を最初に感じるにふさわしい一品。酢の〆具合もよく、尾花のうざく!って感じがします。

う巻(2400円)
20160710_125430

丁寧に焼き上げたう巻。卵好きなら外せない一品。卵に甘みをつけていない分、鰻と卵のバランスとれた食感が至福を感じさせます。

焼鳥(1200円)
20160710_125552

ない時が多い尾花の焼鳥。柔らかみがあり、かつたれは鰻のタレでしょうか。食感と味わいいずれも素晴らしいです。定評があるから品切れが多いのも納得。

冷酒(1000円)
20160710_124445

20160710_124719

桜正宗の冷酒。これらのアテにピッタシのお酒です。

親孝行を兼ねて久しぶりの尾花ですが、ここで食べられるのはほんと至福ですね。

うなぎ 尾花 住所:東京都荒川区南千住5-33-1
20160710_122827

20160710_113401


[食べログ.com]


関連ランキング:うなぎ | 南千住駅三ノ輪橋駅三ノ輪駅



ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【鰻】舟屋@寺田町(大阪府大阪市生野区)5

うな重(上)(2560円)
2015/07舟屋2

2015/07舟屋3

日曜の分。
ちょいと早めの土用の丑の日を。直前の週ということもあってか10組ほど待ちはありましたが、思ったより早い回転。

〆に食べたのはうな重。店前で焼いているところが見えますが、5本ほどの鰻を串に刺して丁寧に焼き上げているだけあって厚みも大きさも食感も見事なもの。しかもタレはやや控えめだけあって、鰻本来の味わいを堪能できます。また、デフォでは山椒ではなくワサビになっているのも特徴。
ご飯の量もそれほど多くないこともあり、鰻主体のうな重として満足です。
これで土用の丑の日は満喫できたといっていいでしょう。

う巻(820円)
2015/07舟屋4

土用の丑の日直前ということでメニューは絞り込まれていましたが、う巻はあります。卵焼きに鰻は、お酒のアテに最高ですね。

うざく(1020円)
2015/07舟屋5

うざくというと酢が強すぎるとか鰻が少ないという印象がありますが、こちらのうざくは鰻主体。しかも鰻に最初から酢をくぐらせているわけでもないので、鰻の食感が生きています。

サイドメニューの鰻も満足で、トータルでも非常に高い満足感。

賀茂鶴(650円)
2015/07舟屋6

冷酒を頼もうとしたらフルラインナップを見せてくれました。
これは悩むよねえ。

船中八策(730円)
2015/07舟屋7

調子づいて?もう1本。でも、鰻には日本酒ですね。

うなぎのお食事処 舟屋 住所:大阪府大阪市生野区生野西2-1-34
2015/07舟屋1


[食べログ.com]


関連ランキング:うなぎ | 寺田町駅河堀口駅天王寺駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング
Profile
1日1回ポチっ!と
ご来訪ありがとうございます。
1日1回、下の4つの画像をポチっと「ポチっと」押してください。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ



にほんブログ村 グルメブログへ

食べログ グルメブログランキング
カテゴリ別アーカイブ
Archives
人気ブログランキング
ご来訪ありがとうございます。
下にある「このブログに投票する」ボタンを「ポチっと」押してください。
にほんブログ村
Blog内検索
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

YAHOO! JAPANラーメンブログ王2009決定戦 金のブログ王
YAHOOパーツ
らぁめんis No.1! HP版
ブログ化以前の食べ歩き記録とお店のデータはこちらへ
hp
QRコード
QRコード
mailはこちらへ
mail
  • ライブドアブログ