秋田名物である「稲庭うどん」。その歴史をたどると1665年に製法が確立されたという、古くからの歴史を守り続けているうどんです。
こちらのお店は創業が1860年ということで、その歴史自体が素晴らしいです。
現在はお店の方も秋田県内だけでなく東京や福岡にもありますが、総本店は秋田県湯沢市稲庭町という、まさに稲庭うどんのふさわしい場所。そしてこちらのお店は秋田駅至近の場所ということもあり、行きやすいお店です。

坦々つけうどん(1140円)
DSC_2835

DSC_2834

秋田店オリジナルという坦々つけうどん。それにしてもうどんの盛り付け方が見事でして、とにかく見栄えがいいです。
そして稲庭うどんは乾燥させて作り上げるので乾麺であるのが特徴なのですが、細めの麺であってもしっかりと食感があります。実際、うどんだけ食べてもその良さが伝わるぐらい。

坦々つけ汁ですが、つけ汁の方が強くなりすぎないようになっているのでうどんと汁が絡みやすく、そしてうどんの食感が感じやすいようになっています。
稲庭うどんをこれほど堪能して食べたのは初めてです。細めでもつけ汁がわき役になるぐらいのうどんの存在感は最後まで変わりません。

ということで、持ち帰り用にうどんを購入したことは言うまでもありません。

佐藤養助(秋田店) 住所:秋田県秋田市中通2-6-1 西武秋田店B1F
お店のHP
DSC_2838


[食べログ.com]


関連ランキング:うどん | 秋田駅