気分爽快♪(麺食いのための"らぁめん is No.1!")

2015年より、心機一転ブログ名変更。仕事で"ストレスが〜地球をだめにする〜"からこそ、飲み食いするときは"いま私〜気分爽快だよ〜"でなきゃ!
YAHOO! JAPANラーメンブログ王2009決定戦 金のブログ王獲得!

うどん

【うどん】熊たまや@熊谷(埼玉県熊谷市)4

つけ汁うどん(具たっぷり)(650円)
DSC_1907

DSC_1910

DSC_1913

秩父鉄道の熊谷駅改札前にあるお店です。場所だけで見てしまうと、駅構内にある普通のうどん屋のような印象を受けます。食券も自動券売機ですし。

が、その印象を覆すのがこちらのお店。
注文後うどんがすぐに出て・・・来ません。
というのも注文後にしっかりうどんをゆでているから。

およそ10分後にうどん登場。
稲庭うどんのように細めながらもしっかりしているうどんです。
冷たい麺なので冷水でしっかり〆ています。

熊谷は本州でも有数の小麦の生産地でして、市のHPでも紹介されています。江戸時代から二毛作ということで、歴史もあるんですね。

その小麦で作られているうどん。まずは汁につけずにそのままで。汁につけなくてもおいしいうどんです。
つけ汁は、醤油に熊谷むらさきを使用。トッピングはなす、肉、ねぎ、きのこ。つけ汁同様具材の方もシンプルゆえに、うどんとつけ汁のバランスを保っています。

駅のうどんというイメージだけで入るとそのギャップの大きさを感じます。こちらのお店はいい意味でギャップがありまして、昼時ですと待ちがあるのも納得。

DSC_1904

吉岡の里たまごファームの生卵。1個無料サービスなので、これはつけ汁に入れます。

DSC_1894

DSC_1898

DSC_1901

DSC_1902

そして、待っている間に小さいすりばちに入ったごま。そして6種類の各種素材を好みで入れて混ぜ合わせます。

最初はそのままのつけ汁で食べて、その後卵なりすり鉢で作ったオリジナルの唐辛子を入れることで味が変化。しかもこれらが全部ついて650円とは、価格的にも大満足。

熊谷地酒 直実(250円)
DSC_1892

こちらも熊谷市内にある権田酒造の「直実」。1合250円という、これもまた駅構内では驚きの価格。

熊谷うどん 熊たまや 住所:埼玉県熊谷市桜木町1-202-1 熊谷駅(秩父鉄道改札口前)
DSC_1915

DSC_1917


[食べログ.com]


関連ランキング:うどん | 熊谷駅上熊谷駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【うどん】つるとんたん(羽田空港店)@羽田空港国際線ビル(東京都大田区)4

京しっぽくのおうどん(1180円)
20161026_125530

20161026_125523

東京と大阪で12店舗展開しているお店です。羽田空港国際線ターミナルでは、出国しなくても自由に入れるエリアに飲食店が多数展開しています。
昼時でも待ちがあったつるとんたん。空港内のうどんメインのお店は少ないこともありますが、店名だけは聞いたことがあるのでこちらへ。

レギュラーメニューや季節限定メニューが多数ありますが、京風ぽいメニューを。
麺はさぬきうどんほどではないですがコシはあり、しっかりした食感が。
丼はかなり大きめですが、1玉ですと器の大きさが際立ちます。

そして、生麩に湯葉、鴨肉と京風らしさ十分のトッピング。
また汁はダシを生かした薄味で、関東風ではなく関西風です。

これから出国される方には、うどんはこれ!っとアピールしていますが、国際線利用者でなくてもつるとんたんのうどんというものをしっかりアピールしています。

秋刀魚 竜田揚げ丼(400円)
20161026_125538

季節限定の丼もの。写真を見ると大きい!と感じますが、実際にはミニ丼のサイズ。
これに秋刀魚の竜田揚げですが、揚げたという感じをさほど感じさせません。
味付けが控えめということもあり、どっしりした丼ものでないのがいいですね。

麺通の心つくし つるとんたん(羽田空港店) 住所:東京都大田区羽田空港2-6-5 国際線旅客ターミナル4F
お店のHP
20161026_124739

20161026_124716


[食べログ.com]


関連ランキング:うどん | 羽田空港国際線ビル駅羽田空港国際線ターミナル駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

喜楽々@東川口【7/8はうどんの日】4

火曜の分。

らーめん 麺匠 喜楽々 住所:埼玉県川口市戸塚2-24-4
2008/6_喜楽々8

どうやら、第2火曜と第4火曜はうどんの日でいくことが決まったようです。
この日も、いつもの常連さんがちらほらと。そして、途中ではんつ遠藤さんも登場しました。

この日のメニューです。
2008/7_喜楽々うどん1

毎回メニューを変えており、特にサイドメニュー系は飽きさせないような工夫があります。

梅酒ロック(200円)
2008/7_喜楽々うどん2

喜楽々では珍しいものですが、三河で見つけてきたものだそうです。
2杯目〜と思ったら品切れ^^;;

釜あげ(中)(400円)
2008/7_喜楽々うどん3

きょうの麺は、小麦粉に埼玉のものを使用。前回は讃岐うどんをイメージしたものでしたが、今回はどちらかというと地場産を意識したものに。
よって、コシは武蔵野うどん。

前回はコシがしっかりしていたのが印象的でしたが、この日は武蔵野うどん流になっています。

焼酎ロック(200円)
2008/7_喜楽々うどん4

注文が入ってからゆでる方式のため、空いた時間でまた1杯。
グラス1杯で200円。

肉汁(中)(500円)
2008/7_喜楽々うどん5

2008/7_喜楽々うどん6

こちらは、つけ汁に肉などがたっぷり入ったもの。麺と肉の食感が楽しめます。

かき氷(ゆずみつ)(300円)
2008/7_喜楽々うどん7

かき氷が正式にスタートしているので、この日もありました。
未注文の中からこれを。ゆずの粒が印象的です。

冷かけ(中)(400円)
2008/7_喜楽々うどん8

で、なぜかもう1杯。太麺があるということなので、最後はこれを。
こちらは讃岐うどんに近い感じのコシでした。


いろいろ試行錯誤しながらも、どういったスタイルでうどんを出そうかと考えているので、次が楽しみです。
※火曜日以外は通常の「喜楽々」です!

ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

喜楽々@東川口【6/24はうどんの日】4

火曜の分。

らーめん 麺匠 喜楽々 住所:埼玉県川口市戸塚2-24-4
2008/6_喜楽々8

6/10に引き続き、定休日である火曜日のイベントは「うどん」。
これで2回連続です。

2008/6_喜楽々うどん1

2008/6_喜楽々うどん2

この日のメニューです。10日とはうどんメニューが少し変わり、お酒のつまみも充実させての登場。

生ビール(400円)
2008/6_喜楽々うどん3


豚の角煮(300円)
2008/6_喜楽々うどん4

うどんをゆでるまでに時間があったので、角煮をおつまみにぷはー!

厨房では、店主らがなれないうどんと格闘しつつも一生懸命作っております。

かまあげうどん(中)(400円)
2008/6_喜楽々うどん5

まず登場したのはかまあげ。前回の最後のほうの作品よりもコシがしっかりとしており、より一層讃岐うどんらしくなってきています。

生醤油うどん(小)(100円)
2008/6_喜楽々うどん6

生醤油をかけてからいただきます。やはり今回の麺のコシが生きています。

かけうどん(中)(400円)
2008/6_喜楽々うどん7

かけのほうもいいのですが、今回はかまあげに軍配かな。

最近は違うタイプの味での二毛作のお店が増えている中、喜楽々は全く違うものでの定休日営業としてイベントをしています。
このイベントはまだ続くと思いますが、一方ではうどんの作り方を生かしたつけ麺を作ってくるのでは?と予想しています。

ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

喜楽々@東川口【6/10はうどんの日】4

火曜の分。

らーめん 麺匠 喜楽々 住所:埼玉県川口市戸塚2-24-4
2008/6_喜楽々8

珍しいことに、中1日でまた行きました。
この日は、店主さんと七彩の店主さんらが讃岐ツアーでうどんに感激したようで、そこから定休日を使ってうどんを作ろうということに。
この日が初日でした。
 (店主さんによると、6/24の火曜日もやる予定)
そんなわけで、看板もカバーがかぶっています。

2008/6_喜楽々9>

この日のメニューです。讃岐と同じように1玉から選べるスタイルです。

冷(並)(200円)
2008/6_喜楽々10


温(並)(200円)+油揚(100円)
2008/6_喜楽々11


かまあげ(並)(200円)+生玉子(野生卵)(100円)
2008/6_喜楽々12


順繰りに3ついただきました。
コシがちょっと弱い感じがしないでもないですが、拉麺の麺とは勝手の違う麺作りの苦労が感じられました。
それでも、うどんにかけるねぎや醤油は喜楽々の通常メニュー(特に卵がけごはん)でおなじみなだけに、手慣れている部分との融合を楽しませていただきました。

かき氷(ミルク)(300円)
2008/6_喜楽々13

恒例のかき氷が始まろうとしていて、プレ登場となりました。
今年はどんなシロップが登場するのでしょうか?
梅雨明けころからスタートのようですが・・・

おまけ
2008/6_喜楽々14

あとからおまけでいただきました。
こちらはコシもしっかりしており、讃岐うどんらしさを感じます。

さらに、手切りのうどんも知人より分けていただきましたが、これはほうとうを感じさせるものです。

幅広いチャレンジということでうどんが出ましたが、うどんの作り方をベースにした麺がそのうち出るのでは?

ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング
Profile
1日1回ポチっ!と
ご来訪ありがとうございます。
1日1回、下の4つの画像をポチっと「ポチっと」押してください。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ



にほんブログ村 グルメブログへ

食べログ グルメブログランキング
カテゴリ別アーカイブ
Archives
人気ブログランキング
ご来訪ありがとうございます。
下にある「このブログに投票する」ボタンを「ポチっと」押してください。
にほんブログ村
Blog内検索
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

YAHOO! JAPANラーメンブログ王2009決定戦 金のブログ王
YAHOOパーツ
らぁめんis No.1! HP版
ブログ化以前の食べ歩き記録とお店のデータはこちらへ
hp
QRコード
QRコード
ラーメン力検定
評価画像
mailはこちらへ
mail
  • ライブドアブログ