月見草のように・・・(最近豆腐メンタル化しているかも?)

2017年より、ブログ名変更(旧名称「麺食いのためのらぁめん is No.1!」→「気分爽快♪」)。地味にひっそり生きています。
YAHOO! JAPANラーメンブログ王2009決定戦 金のブログ王獲得!

そば

【そば】味ごよみ@水沢(岩手県奥州市)4

奥州市には新幹線の駅(水沢江刺)と東北本線の駅(水沢)という代表的な駅が2つあります。
水沢も水沢江刺も途中下車ことがなかったのですが、今回は水沢でランチ休憩。

外観はおとなしい感じですが、中に入ると手書きのメニューが目を引きます。
昼はそばメイン。

田舎もり(600円)
DSC_4158

DSC_4154

DSC_4160

 ※3枚目はそば湯です。
手打ちの十割そば。そばの甘みが感じられます。何もつけずにそのままでもよし。
そばつゆはそれほど浸さなくても、十割そばの食感を堪能できます。
普通盛りでもそこそこボリュームはあります。

厚焼玉子(550円)
DSC_4153

しかしながらこの厚焼玉子、出てきたときのその存在感に圧倒されました。
想定以上!しかも焼き立てで、ふわっとしています。厚みもありますが全体が程よく焼けております。

蕎麦焼酎(600円)
DSC_4146

DSC_4149

そば屋なのでそば焼酎を。電車移動ならではの昼酒タイムです。

口コミでは穴場とされていますが、確かにそうかも。在来線移動ならではの楽しみですね。

味ごよみ 住所:岩手県奥州市水沢区寺小路27-7
DSC_4161


[食べログ.com]


関連ランキング:そば(蕎麦) | 水沢駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【そば】吾妻橋 やぶそば@浅草(東京都墨田区)4

浅草の、駒形橋を渡ったところにあるお店です。
屋号は「吾妻橋」ですが、以前お店のあった場所は吾妻橋の方が近かったようです。

もりそば(中)(1500円)
DSC_3912

DSC_3911

メインはもりそばですが、量により値段が倍近く変わります。とはいうものの、量的には中が程よい感じですね。
そばが主役であるのは言うまでもないのですが、そばつゆの量は少な目。その分、そば単体でもじっくり味わうことができます。ちょっとだけそばつゆにつけて食べるのが、やぶそば流ならではの食べ方のようです。
コシのあるそばはそれだけでも存在感を感じます。

DSC_3915

こちらはそば湯。

吾妻橋 やぶそば 住所:東京都墨田区吾妻橋1-11-2
DSC_3918


[食べログ.com]


関連ランキング:そば(蕎麦) | 浅草駅(東武・都営・メトロ)本所吾妻橋駅田原町駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【鯖寿司】米吾 吾左衛門鮓@米子(鳥取県米子市)4

JR米子駅は山陰本線と境線、そして特急やくもが通るという、山陰の鉄道としては重要箇所の1つになります。
米吾 吾左衛門鮓は鯖寿司をはじめとした寿司で有名でして、駅弁をはじめ、今はその名は知れ渡っています。
米子駅構内ではそばとともに寿司を食することができます。

山菜そば+鯖寿司(710円)
DSC_3864

DSC_3865

寿司とそばのセットですと価格的にもよさげなので、そちらを。やはり鯖寿司の方に目が行きます。
酢飯に、酢で〆た鯖。相性としてはそれ自体十分イケている組み合わせですが、「米吾 吾左衛門鮓」はどちらかの存在が強すぎるとかバランスが取れていないということがないです。
程よい〆加減と味わいが双方のバランスを取っていると感じます。
また、そばの方も駅構内でありがちな、そばが弱いとかそばがインスタントぽく感じるということはないです。すぐとなりの島根県の出雲そばの存在が大きいんでしょうね。そばも寿司も程よい量で十分満足です。

米吾 吾左衛門鮓 住所:鳥取県米子市弥生町2 (JR米子駅構内)
お店のHP
DSC_3867


[食べログ.com]


関連ランキング:寿司 | 米子駅博労町駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【そば】扇屋@亀嵩(島根県仁多郡奥出雲町)4

知る人ぞ知る、駅舎そのものが蕎麦屋さんのお店です。
JR木次線亀嵩駅は、かなり前から駅舎=そば屋さん。

山かけそば(780円)
DSC_3845

DSC_3843

奥出雲の天然水を使い、石臼でひいたそばです。手打ちですのでコシがしっかりとしており、かつ粒の方もそばに刻まれているので色合いがいいです。
駅の中で食べる蕎麦としては最高峰の亀嵩駅そば。もともと駅舎だった雰囲気の中で味わうのはまた格別です。

DSC_3849

こちらはそば湯。

DSC_3848

唐辛子は亀嵩駅をアピールするイラスト入りです。

亀嵩名物手打そば 扇屋 住所:島根県仁多郡奥出雲町郡340
お店のHP
DSC_3855

外観からして駅とそば屋が一体となっています。

DSC_3852

DSC_3851

まっすぐ行けばホーム。お店は右手。

DSC_3838

真ん中の奥の方が、もともとの駅窓口です。

DSC_3839

寒くなるとストーブが温かく迎えてくれます。

DSC_3840

有名人のサインもあります。窓の外はホーム。

DSC_3854

亀嵩駅の駅名標です。

ちなみに、列車の中で食べる場合はそば弁当があります。

[食べログ.com]


関連ランキング:そば(蕎麦) | 亀嵩駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【そば】わへいそば@秩父(埼玉県秩父市)4

同じ埼玉県内でも、秩父に行くには2時間くらいかかります。
それでも、秩父はそばもお酒もおいしい場所で、笑点でおなじみ、たい平師匠の出身地でもあります。

もりそば(650円)+くるみ汁変更(100円)
DSC_3632

DSC_3626

DSC_3620

くるみ汁にすることで、秩父名物の1つであるくるみそばを味わいます。
そばは手打ちで、田舎そばらしく濃い目の色。そば殻(甘皮)も一緒に打っているので黒い粒が特徴です。
独特の甘みがあるそばにすりつぶしたくるみ入りのつゆをつけることで、田舎そばの食感とそば・つゆの風味が味わえます。量はそれほど多くはありません。

そばを食べた後はそば湯をつゆに入れますが、くるみの風味とそば湯を合わせることで風味があるそば湯になります。

生酒(武甲正宗)(700円)
DSC_3614

DSC_3612

秩父の地酒も、当然いただきます。そばにははやりお酒ですね!

蕎麦豆富(200円)
DSC_3618

そば粉を使った豆腐で、上にはそばの芽が。そば屋らしいオリジナルの豆腐です。そば殻も練り込まれているのでしょう、黒い粒が特徴。
お酒にピッタシな豆腐です。

パリパリサラダ(200円)
DSC_3622

野菜好きなんで小さめのサラダを。

わへいそば 住所:埼玉県秩父市中村町1-4-13
お店のHP
DSC_3633

DSC_3608


[食べログ.com]


関連ランキング:そば(蕎麦) | 秩父駅御花畑駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング
Profile
1日1回ポチっ!と
ご来訪ありがとうございます。
1日1回、下の4つの画像をポチっと「ポチっと」押してください。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ



にほんブログ村 グルメブログへ

食べログ グルメブログランキング
カテゴリ別アーカイブ
Archives
人気ブログランキング
ご来訪ありがとうございます。
下にある「このブログに投票する」ボタンを「ポチっと」押してください。
にほんブログ村
Blog内検索
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

YAHOO! JAPANラーメンブログ王2009決定戦 金のブログ王
YAHOOパーツ
らぁめんis No.1! HP版
ブログ化以前の食べ歩き記録とお店のデータはこちらへ
hp
QRコード
QRコード
mailはこちらへ
mail
  • ライブドアブログ