月見草のように・・・

2017年より、ブログ名変更(旧名称「麺食いのためのらぁめん is No.1!」→「気分爽快♪」)。地味にひっそり生きています。
YAHOO! JAPANラーメンブログ王2009決定戦 金のブログ王獲得!

徳島県(食べ歩き・観光)

【アテ】阿波膳ODORI@徳島阿波おどり空港(徳島県板野郡松茂町)4

徳島阿波おどり空港を利用するのは2度目。さほど大きくない空港ですが、飲食スペースは充実しています。
こちらはレストランですが、当然ながら?お酒とアテ利用で。

鳴門鯛のお造り(800円)
DSC_2914

鳴門鯛フェアということで、刺身とカブトの酒蒸しがあります。
時間があまりないので刺身を。色合いの良さは産地鳴門ならではでしょうか。鳴門といえばワカメも有名でして、ワカメ付き。当然すだち付きと徳島らしくなっています。
美味しい鯛食べたかったら鳴門へおいでというメッセージですね。

阿波竹輪&フィッシュカツ(420円)
DSC_2911

フィッシュカツは徳島のローカルフードで、魚のすり身を揚げたもの。白身魚のフライとは全く異なります。
竹輪も竹状の物についた状態で登場と、徳島ならではのおつまみコンビになっています。
徳島ならではのアテですね。

本格芋焼酎鳴門金時里娘(460円)・すだち酎(460円)
DSC_2909

いずれもロックで。どちらかといえば、すだち酎の方が徳島らしいです。味わいもすだちの味がよく出ていて、お土産に購入したほど。

阿波膳ODORI 住所:徳島県板野郡松茂町豊久字朝日野16-2 徳島阿波おどり空港ターミナルビル3F
DSC_2916


[食べログ.com]


関連ランキング:和食(その他) | 松茂町その他


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【うどん】山久製麺所@中田(徳島県徳島市)4

徳島市と小松島市のほぼ境目のあるお店です。
うどん県(香川県)の隣の徳島でも、徳島市は思ったよりうどん屋さんが多いです。

肉ぶっかけ[冷](500円)
DSC_2903

注文後すぐに出てくるわけではなく、ゆでて水できっちり〆たうどんが提供されます。
極太ではないけれど、コシがしっかりしているうどん。
肉ぶっかけということで肉をトッピングしていますが、うどんの方が勝る存在感です。
だしの方も控えめな味なので、さらにうどんの存在感が出てきます。

セルフ形式のうどん屋さんですが、こういう発見がまた食べ歩きをしたいと思わせるんでしょうね。

山久製麺所 住所:徳島県徳島市大原町川添4-1
DSC_2905


[食べログ.com]


関連ランキング:うどん | 中田駅地蔵橋駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

2008年222杯目 岡本中華@中田4

日曜の分。

3軒目は、これも初となる「白系」です。
白濁とんこつスープで、徳島ラーメンのルーツの流れを継承しています。
小松島が発祥の地となれば、小松島に行くのみ。

中華そば専門店 岡本中華 住所:徳島県小松島市中田町奥林60-1
2008/7_岡本中華1

道路拡張のときにこちらに移ってきたということで、こちらも店内外は新しいです。
ですが、先代から受け継がれた流れは変わっておりません。

中華そば肉入(小)(650円)
2008/7_岡本中華2

見た目は博多ラーメンと同じように感じますが、白醤油を使うなどしており、博多とはぜんぜん別物です。

それはスープをすすって改めて感じましたが、濃厚さはやや控えめながらも飽きさせない味。シンプルな構成ですが、単調さはなく、最後までしっかり味わえます。


これで徳島の3種類を食べることができましたが、いずれもそれぞれの良さを持っており、それが徳島ラーメンを支えているのでしょう。
初めての白系は徳島県のほかにはないようですので、これは現地で食べないとわからない味。

他の主なラーメンメニュー:中華そば(小)(500円) ※大は100円増し

ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

2008年221杯目 三八@佐古4

日曜の分。

徳島ラーメンには「茶系」「黄系」「白系」の3種類があるのですが、これまでに徳島で食べたお店はいずれも茶系。

2軒目は初となる「黄系」です。
とんこつ・鶏がらがベースになっています。

支那そば 三八(本店)[さんぱ] 住所:徳島市北田宮2-1-46
2008/7_三八1

以前は鳴門市にあった本店が移転してきたので、店内外は新しさがあります。
13時過ぎでも満席&待ちという盛況ぶり。

支那そば肉入(小盛)(680円)
2008/7_三八2

豚骨と鶏がらベースで、茶系とは一線を画す味です。
黄色に輝くスープは、醤油の濃厚さではなくスープ全体の濃厚さを感じます。
コクもあり、スルスルっと食べられる印象。
チャーシューも赤身が多く、味わいながら食べるという印象です。


出身店としては、友翔@針中野(大阪)がありますが、このときも黄系は独特だな、と感じました。
東京にいると、黄系にお目にかかれることはなく、そういった意味では独自性があるように見えますが、見方を変えると黄系も東京にあってもよさそうな味。
でも、それならば本場に行って食べたほうがいいというのが本音かな。

他の主なラーメンメニュー:支那そば(小)(480円) ※大は50円増し

ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

2008年220杯目 王王軒@藍住町(徳島県)4

日曜の分。

久しぶりの徳島です。朝、三宮から高速バスで徳島に到着。

支那そば 王王軒[わんわんけん] 住所:徳島県板野郡藍住町徳命牛ノ瀬446-15
2008/7_王王軒1

カーナビ設定で、なかなかうまく設定できない場所。番地がだめで電話番号で設定できた〜と思ったら、着いたのはパチンコ屋さんだった^^;;
県道1号線沿いです。

店内は12時過ぎで満席。その後も客足は途絶えません。


支那そば肉入(小)(600円)+玉子(50円)
2008/7_王王軒2

茶系のスープに、すきやきのような肉はまさに茶系ならでは。適度な甘みを感じますが、濃厚な茶系のスープはおいしいです。
これと肉のバランスがよく、かつ生卵は適度に混ぜて、スープは混ぜたところとそうでないところを交互にすすっていきます。
小だと食べ歩きにも最適なサイズということもあり、最後までスープが堪能できた1杯。

交通の便は車が頼りですが、それでも足を運ばせたい、と思わせるお店です。

他の主なラーメンメニュー:支那そば(小)(500円) ※大は100円増し

ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング
Profile

かみ〜

メンタルの弱体化が進行中・・・
地味で存在感がない人とよく言われます。
お酒好きです。
いろいろなものを食べ歩いています。

1日1回ポチっ!と
ご来訪ありがとうございます。
1日1回、下の4つの画像をポチっと「ポチっと」押してください。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ



にほんブログ村 グルメブログへ

食べログ グルメブログランキング
カテゴリ別アーカイブ
Archives
人気ブログランキング
ご来訪ありがとうございます。
下にある「このブログに投票する」ボタンを「ポチっと」押してください。
にほんブログ村
Blog内検索
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

YAHOO! JAPANラーメンブログ王2009決定戦 金のブログ王
YAHOOパーツ
らぁめんis No.1! HP版
ブログ化以前の食べ歩き記録とお店のデータはこちらへ
hp
QRコード
QRコード
mailはこちらへ
mail
  • ライブドアブログ