月見草のように・・・

2017年より、ブログ名変更(旧名称「麺食いのためのらぁめん is No.1!」→「気分爽快♪」)。タイトルのように、私は地味にひっそり生きています。
YAHOO! JAPANラーメンブログ王2009決定戦 金のブログ王獲得!

飲み屋

【居酒屋】炉端のユーカラ@旭川(北海道旭川市)4

北海道第2の都市である旭川は、道北・オホーツク方面への拠点にもなる場所。
海には面していませんが、旭川駅周辺はお店も多く、北海道ならではの居酒屋さんもいくつかあります。

しまほっけ(980円)
DSC_3512

炉端焼きがメインのお店の名物といえるのがこちら。
キタノホッケともいわれていて、北太平洋とかロシアの海域でとれます。(真ほっけというのもあります)
名物というだけあって脂のノリはよく、しかも堂々と1尾サイズで登場。
炉端焼きなので両面の焼き具合もいいですね。

結構なサイズなのでこのあとのアテ含めてこれで終了にしましたが、道内で食べると価格的にもサイズ的にも北海道!というのを感じます。

旭川まるぜん豆富の冷やっこ(400円)
DSC_3507

道内の大豆を使った、昔ながらの手作り豆腐。大雪から湧き出る水があるというのが旭川の強みでして、豆腐自体結構しっかりしております。
道内で豆腐食べるの初のような気もしますが、大豆と共に水がよい北海道の豆腐はおいしいですね。

塩ラム舌(580円)
DSC_3511

本日の逸品の中から選んだのがこちら。
ジンギスカンでも有名な旭川ですが、タンは食べたことないんですよね。
牛タンのようなものかなと思いましたが、ラムの方は食感がかなりしっかりしています。歯ごたえ十分。
これもまた北海道ならではの食材ですね。


男山 特別純米ひやおろし秋酒(780円)
DSC_3499

秋の地酒メニューから結局3種類飲んでいます。
1つめは旭川の男山酒造のお酒。瓶は撮り忘れました^^;;
でも、グラスは同じく旭川の高砂酒造の「国士無双」だったりする。
やや辛口のお酒。

二世古 特別純米秋あがり(780円)
DSC_3508

2つめは道内の倶知安にある二世古酒造のお酒。倶知安の方もニセコがあるのでこちらも水はいいんですよね。フルーティーなお酒です。

国稀 純米ひやおろしきたしずく(780円)
DSC_3517

3つめは増毛にある国稀酒造のお酒。留萌-増毛廃止の時に酒蔵で買って以来の国稀のお酒です。
+5と5種類の中ではトップですが、円熟感あるお酒。

地酒飲み比べもいいですよね!と言いつつ、お店の出ている酒蔵の数は実はこれ以上ありまして、さすがに全部飲んだらヘロヘロになるのでこれでストップ。

ホットペッパークーポン 鮮度抜群刺身盛り合わせプレゼント
DSC_3503

クーポンを提示すると出てくる刺身。小さい盛り合わせとはいえ、種類多くて満足。

炉端のユーカラ 住所:北海道旭川市4条通7
DSC_3519


[食べログ.com]


関連ランキング:ろばた焼き | 旭川駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【居酒屋】居酒屋てんまさ(2F店)@水戸(茨城県水戸市)3

水戸駅前にある居酒屋さんです。茨城ならではのあんこうと納豆の郷土料理をはじめ、漁港が近いがゆえに魚の種類も豊富。

あん肝豆腐(450円)
DSC_3035

あんこう料理からは、初見参となるあん肝抱負を。玉子豆腐などのように、色合いがあん肝色になっています。
他では見られないものですが、色合いプラスアルファがあればよりインパクトを感じます。

赤貝刺(500円)
DSC_3032

その日のメニューから刺身系を2つ。赤貝は割と高い印象があるので500円はお値打ちかなと思いましたが、2切れ・・・

松川カレイ刺身(600円)
DSC_3036

こちらは頼んでよかったといえる方。カレイの刺身らしく透明感があります。結構な量でした。

サーモンハラス焼き(400円)
DSC_3040

手軽な焼き物で、ハラスを。

稲里辛口(680円)
DSC_3030

DSC_3038

笠間市の地酒になります。キレ味があります。2本飲んで、帰りは軽く睡眠。
あと、お通しは冷たい貝の酒蒸し。これはよかった。

居酒屋てんまさ(2F店) 住所:茨城県水戸市宮町2-1-1
DSC_3042


[食べログ.com]


関連ランキング:居酒屋 | 水戸駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【居酒屋】まるます家@赤羽(東京都北区)4

土用の丑の日と丑の日の谷間になりましたが、どうしても鰻が食べたい!
ということで、聖地赤羽のこちらのお店へ。
当然のことながら外での待ちです。

うなぎ蒲焼(1800円)
DSC_2994

DSC_2981

DSC_2982

外待ちしているときでも鰻の蒲焼が売られている姿を見ることができますが、1800円の鰻でも結構な大きさ。
そして安心の産地表示。国産の鰻は大きさもそうですが味わいがいい。

お酒のアテの鰻は最高ですね。名物のジャンハイにしようか日本酒にしようか考えたものの、蒲焼を食べると決めていたので日本酒。奮発した甲斐があります。

鯉生刺(600円)
DSC_2997

初めて食べた鯉の生の刺身。鯉のあらいなどとは違い、生ならではの色合いと味わい。
やわらかさも程よく、今後ここに来た時には必須のメニューになりそう。

まぐろヌタ(600円)
DSC_2991

ヌタ好きなんですよね。最初に食べるアテとして愛用できます。

じゃこ天(350円)
DSC_2998

じゃこ天はたいていはずれがないだけに、これも必需品といえるアテの1つです。

清酒 新潟長陵(350円)
DSC_2988

まるます家は1人お酒3本と決まっているので、3本をどうやって飲むかということにつきます。
今回は鰻メインにしたのでオール日本酒で。

鯉とうなぎのまるます家 総本店 住所:東京都北区赤羽1-17-7
DSC_3000

DSC_2983


[食べログ.com]


関連ランキング:居酒屋 | 赤羽駅赤羽岩淵駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【アテ】阿波膳ODORI@徳島阿波おどり空港(徳島県板野郡松茂町)4

徳島阿波おどり空港を利用するのは2度目。さほど大きくない空港ですが、飲食スペースは充実しています。
こちらはレストランですが、当然ながら?お酒とアテ利用で。

鳴門鯛のお造り(800円)
DSC_2914

鳴門鯛フェアということで、刺身とカブトの酒蒸しがあります。
時間があまりないので刺身を。色合いの良さは産地鳴門ならではでしょうか。鳴門といえばワカメも有名でして、ワカメ付き。当然すだち付きと徳島らしくなっています。
美味しい鯛食べたかったら鳴門へおいでというメッセージですね。

阿波竹輪&フィッシュカツ(420円)
DSC_2911

フィッシュカツは徳島のローカルフードで、魚のすり身を揚げたもの。白身魚のフライとは全く異なります。
竹輪も竹状の物についた状態で登場と、徳島ならではのおつまみコンビになっています。
徳島ならではのアテですね。

本格芋焼酎鳴門金時里娘(460円)・すだち酎(460円)
DSC_2909

いずれもロックで。どちらかといえば、すだち酎の方が徳島らしいです。味わいもすだちの味がよく出ていて、お土産に購入したほど。

阿波膳ODORI 住所:徳島県板野郡松茂町豊久字朝日野16-2 徳島阿波おどり空港ターミナルビル3F
DSC_2916


[食べログ.com]


関連ランキング:和食(その他) | 松茂町その他


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【串揚げ】again@動物園前(大阪府大阪市浪速区)5

目玉焼きハンバーグカレー(300円)
DSC_2359

新世界にあるジャンジャン横丁至近にできた「大阪新世界横丁」。
複合施設なので串揚げ以外のお店もあり、全部で6店舗が入っています。

「again」は北新地にあるお店の2号店。北新地だとコースだけしかなく、しかも7000円からという設定なのですが、同じ「again」でもこちらは1本から注文可能です。価格面では非常に入りやすいお店です。
しかも串揚げ自体が創作系のもの主体なので、名前見ただけでこれって串揚げなの?というものもあったりします。
目玉焼きハンバーグカレーもその1つでして、串揚げらしからぬ味わいというか、ハンバーグの世界がこう変わるという、創作系を極めた1つだと思います。これは絶対外せないですね。

半熟うずら(200円)
DSC_2337

うずらを半熟にすること自体難しいのですが、それをクリアしているだけでなく、揚げても決してゆでうずら状態にならないところに、職人技というのを感じます。とろとろ感がたまらない。

トマト(100円)
DSC_2341

プチトマトも揚げるという感じが普通しないのですが、食するとこれまた串揚げとしての違和感がない。
形も崩れず中身の流失もなく、トマトの体裁を見事に保っています。

トマト(100円)+コーン(100円)
DSC_2342

トマトを食しているところにコーン登場。焼きとか茹で、そしてかき揚げのイメージがあるコーンですが、型崩れせず、味わいは保たれるという、これも技の1つ。

アユ(350円)
DSC_2347

アユの塩焼きで見られるようなサイズではなく、小さめのアユ。内臓の処理がきちんとされていることもあるのでしょうか、苦みは一切ありません。
小さめのサイズですが、魚の魅力が詰まった串揚げ。

タイとクリームチーズ(300円)
DSC_2357

締まり具合の良い鯛とチーズの相性は和風ではなくどことなく洋風。
和風から洋風まで様々なものが串揚げになりますが、単にウケを狙ったわけではなくそれぞれが料理として成り立っているところが素晴らしい。

生キャベツと胡麻ドレッシングのムース
DSC_2322

DSC_2323

DSC_2326

串カツ店と違って生キャベツはオリジナルのムースにつけます。大阪らしさを残しつつagainワールドを作る役目を、ムースが担っています。

ソース、だし醤油、塩は1人ずつのお皿で提供されます。
DSC_2328

器もしゃれており、店内の和風カウンターとは対照的です。

箸には何気にロゴが。
DSC_2320


そして、串を上げる鍋と、衣をつける粉。
DSC_2338


グラスワイン
DSC_2334

DSC_2349

DSC_2351

和食と合うオーストラリアの白ワイン。和の印象からすると日本酒とかが合うのですが、創作的な串揚げにはワインが合います。
既成店の概念を覆すagainのメニュー。自由な発想の出会えてよかったです。

北新地串カツ again 住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-68 大阪新世界横丁内
DSC_2361

DSC_2362

DSC_2364


[食べログ.com]


関連ランキング:串揚げ | 新今宮駅前駅動物園前駅新今宮駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング
Profile
1日1回ポチっ!と
ご来訪ありがとうございます。
1日1回、下の4つの画像をポチっと「ポチっと」押してください。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ



にほんブログ村 グルメブログへ

食べログ グルメブログランキング
カテゴリ別アーカイブ
Archives
人気ブログランキング
ご来訪ありがとうございます。
下にある「このブログに投票する」ボタンを「ポチっと」押してください。
にほんブログ村
Blog内検索
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

YAHOO! JAPANラーメンブログ王2009決定戦 金のブログ王
YAHOOパーツ
らぁめんis No.1! HP版
ブログ化以前の食べ歩き記録とお店のデータはこちらへ
hp
QRコード
QRコード
mailはこちらへ
mail
  • ライブドアブログ