月見草のように・・・

2017年より、ブログ名変更(旧名称「麺食いのためのらぁめん is No.1!」→「気分爽快♪」)。地味にひっそり生きています。
YAHOO! JAPANラーメンブログ王2009決定戦 金のブログ王獲得!

寿司&海鮮丼

【寿司】北辰鮨(仙台駅店)@仙台(宮城県仙台市青葉区)4

仙台駅ビルには、3階に鮨通りエリアがありますが、1階にも寿司屋さんがあります。北辰鮨は3階のお店と違ってこちらはカウンターとテーブル席となります。

鮪角煮(600円)
最初はやっぱし?アテから。大き目のサイズに切られている鮪ブツの角煮です。生の鮪もいいですが、角煮にすると煮汁も吸って柔らかくなります。
DSC_0421


鯨ベーコン(300円)
単品にぎりで鯨を。宮城県内では石巻に捕鯨基地があり、鯨料理もいただけます。そのため仙台でもこうして鯨をいただくことができます。鯨自体大きいだけに赤身の部分のスジも大き目。
DSC_0430


松島めぐり(1650円)
生マグロ、生たこ、本日のおすすめ(とり貝)、子持昆布、煮あなご、赤えび、青魚(鯖)、ほたて貝柱、生うに、味付いくらの10貫。ラインナップとしては普通に感じますが、子持ち昆布のプチっとした食感がいいですね。新幹線に乗る前ならこれぐらいで十分かと。
DSC_0431


生ビール キリン一番搾り 中ジョッキ(500円)
先ずは生ビールで。
DSC_0417


四季の松島 本醸造(500円)
日本酒の種類が多いのが北辰鮨の特徴。枡になみなみとつがれています。
まあ・・・飲み足りない場合は駅構内でお酒を別に買って新幹線で飲めばいいんですけどね。(仙台駅は結構種類ありますし)
DSC_0424


北辰鮨(仙台駅り店) 住所:宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅1F
DSC_0437


[食べログ.com]


関連ランキング:寿司 | 仙台駅あおば通駅宮城野通駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【瓶ドン】すみよし@宮古(岩手県宮古市)4

3月にJR山田線の不通区間が三陸鉄道リアス線となって復旧し、宮古駅から三陸鉄道に乗る観光ツアーなどもあって駅はにぎわっています。
宮古市では新しいご当地グルメとして「瓶ドン」が誕生。由来はというとウニを牛乳瓶に詰めて保存するというところから生まれたようです。
宮古駅前にあるこちらのお店でいただくことに。

瓶ドン RED HOT(1500円)
瓶に詰めた具材はお店によって異なりますが、こちらのお店はウニやイクラ、イカ、蟹などの魚介類が瓶に詰まっています。ちなみに1日30食限定です。
DSC_0404


蓋を取るとウニが見えてきます。
DSC_0407


ちなみに全体図はこちら。
DSC_0401


蓋を取って瓶の具材をご飯にかけます。瓶にぎっしり詰まっている具材、下の方の昆布まで丼にかけると結構カラフルに。海鮮丼スタイルになりますが味の方は染みているので醤油は不要。
昆布などの粘り気とご飯の相性がよく、待ち時間に手軽にいただける丼です。
DSC_0411



魚彩亭 すみよし 住所:岩手県宮古市栄町2-10
DSC_0412


[食べログ.com]


関連ランキング:居酒屋 | 宮古駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【海鮮丼】きくよ食堂(本店)@函館(北海道函館市)4

♪は〜るばる来たぜ〜函館へ〜
ということで、約3年ぶりの函館。朝市のピークの時間は終わっていてランチタイムの時間になりますが、函館駅前の食堂はおなじみの海鮮丼があふれています。昭和31年創業で、メインは巴丼。とはいうものの、先ず食べたいのは、というと・・・

うに・いくら丼(2200円)
うにといくらの定番です。塩水ウニが半分覆いつくしています。ミョウバンを使用していない分本来のウニの甘さが味わえるという塩水ウニは、醤油をかけなくてもそのまま食することができます。
形的には板ウニと違ってドロッとしているように見えますが、見た目だけでは判断できないのがいいですね。
いくらは北海道らしく粒が大きめ。プチプチ感がたまらないいくらを豪快に丼でいただけるのは北海道ならではの魅力。
DSC_0227


紅鮭ハラス焼き(480円)
一品メニューはミニサイズの物もあります。ハラス焼きは小さめに見えますが、うまさ含めてぎっしり詰まっています。
DSC_0225


イカ刺身(450円)
透明感ある刺身はいかが釣れる場所ならでは。いかそうめん同様きれいに刻まれており、食感もしっかりしています。いかそうめんのミニサイズ的な量で、丼とともにほかの魚系を味わうには程よいサイズ。
DSC_0223


全体図です。やっぱし北海道ですね。
DSC_0220


きくよ食堂(本店) 住所:北海道函館市若松町11-15
お店のHP
DSC_0216


[食べログ.com]


関連ランキング:海鮮丼 | 函館駅函館駅前駅市役所前駅(函館)


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【寿司】奴寿し(天五店)@天神橋筋六丁目(大阪府大阪市北区)4

安くて旨い寿司店の聖地「天五」。この地域には安旨寿し御三家といわれる寿司屋さんがあります。こちらはその中の1軒で、メインはおまかせ。これを頼むと1皿で2種類のネタが出てきて、ストップするまで継続されるとか。
で、私はというと・・・

炙りげそ
お酒とともに楽しむ!ということで、アテを。げそといっても先のほうだけでなく足元の方から刻まれているので部分によっては違う食感を楽しめます。こういうげそならアテとして喜んでいただけます。
DSC_0060


アジ
厚みがあるのでアジの刺身の魅力が感じやすいです。切れ目もしっかり入っていて、仕事っぷりがいいですね。
DSC_0061


いくら
おなじみのいくら。プチプチ感がいいですね。粒も大き目で色合いもいい。
DSC_0068


だし巻き玉子
とにかく色がまっ黄色になる見事な焼き方です。寿司屋の出汁巻きはとにかくおいしい。
DSC_0070


まぐろ赤身
色合いがよく、そして厚みもあってまぐろのおいしさを感じさせる刺身。トロよりも赤身の方がおいしいと感じるこの頃ですが、お酒と一緒に食する鮪の刺身はとにかくたまらない。
DSC_0078


小鉢
途中で小鉢がアテとして登場しました。
DSC_0081

DSC_0088


そして・・・
全体の売れ行きがよいので、そうこうしているうちにシャリが尽きてしまい、にぎりは食べることできず。それだけが残念でした。

チューハイ プレーン(450円)
最初はシンプルな味わいのチューハイをいただきまして、
DSC_0057


九頭龍(380円)
寿司屋さんでこの価格で九頭龍がいただける!それだけでお酒好きはうれしかったりします。
DSC_0066


辰馬のおすすめ地酒(420円)
地酒も何種類かあって、この時点であったのは全部で3種類。まずは奈良県御所市の「風の森」。
DSC_0073


そして群馬県の「浅間山」。
DSC_0083

DSC_0085


あともう1種類飲んでいます。
それでもこれだけ飲んでさほど高くなかったわけですから、安くてうまい寿司店らしい楽しみ方が出来ました。

奴寿し(天五店) 住所:大阪府大阪市北区天神橋5-4-5
DSC_0055


[食べログ.com]


関連ランキング:寿司 | 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング

【海鮮丼】野口鮮魚店@本所吾妻橋(東京都墨田区)5

1年以上間が空きましたが、平成終わりにあたって、鮮魚系で一番インパクトを与えがといえるのがこちらのお店。
鮮魚の鮮度もそうなのですが、価格が破壊的といえるレベルでして、その量に何度か圧倒されました。平成が終わる間際になりましたが、開店前の行列は変わっておりません。
しかも、外でお店の方がその日のおすすめを紹介しているのも変わらず。

あじたたき(650円)
そんな中で選んだのがこちら。メインは焼魚にするのでビールのアテもかねてアジのたたきを。長崎の五島列島産です。アジ1尾をまるまるタタキにして、1尾全体を惜しむことなく盛り付けています。
アジ自体大きいこともあり厚みがあって全体のボリューム感も出ています。
DSC_9566

DSC_9568

DSC_9571

DSC_9562


生インドマグロカマ岩塩焼食べ比べ定食(1450円)+仲卸し雑汁(あら汁)(430円)
そしてメインはこちらのマグロカマの岩塩焼。これが半端ない量でして、ひれがついているのがカマモト。その下にカマトロ、そしてインド鮪ブツまでついております。
カマはこれだけ大きいにもかかわらず全体にしっかり火が通っています。カマモトとカマトロの食べ比べをしてみます。カマモトはひれの部分なのでひれが活動的なこともあって、脂がついている部分もありますが肉つきもよいこともあり、どちらといわれるとカマモトに軍配ですね。
カマトロはカマモト部分に比べると大きいこともあり、肉と脂が全体的に程よく乗っています。
ただボリュームが双方ともにあるので最後食べ飽きてしまいますが。

鮪ブツまでついているのですが、鮪ブツはよく見られる角切りではなく、それこそすき身に近い部分をブツにしているのでうまさが半端ない。
ということを考えると、定食部分で1450円って(いい意味で)ありえない値段だと思います。
そのせいか、愛用しているあら汁の存在がすっ飛んでしまっています。(あら汁のレベルの高さは言うまでもない)
DSC_9583

DSC_9577

DSC_9578

DSC_9584

DSC_9561

DSC_9563


生ビール(550円)
最初のアジのたたきを食するための生ビール。うまい!
DSC_9572


野口鮮魚店 住所:東京都墨田区東駒形4-6-9
2015/07野口鮮魚店1


[食べログ.com]


関連ランキング:海鮮丼 | 本所吾妻橋駅とうきょうスカイツリー駅押上駅


ご愛読ありがとうございます。1日1回、画像をポチっ!お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング
Profile

かみ〜

メンタルの弱体化が進行中・・・
地味で存在感がない人とよく言われます。
お酒好きです。
いろいろなものを食べ歩いています。

1日1回ポチっ!と
ご来訪ありがとうございます。
1日1回、下の4つの画像をポチっと「ポチっと」押してください。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ



にほんブログ村 グルメブログへ

食べログ グルメブログランキング
カテゴリ別アーカイブ
Archives
人気ブログランキング
ご来訪ありがとうございます。
下にある「このブログに投票する」ボタンを「ポチっと」押してください。
にほんブログ村
Blog内検索
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

YAHOO! JAPANラーメンブログ王2009決定戦 金のブログ王
YAHOOパーツ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ