出雲市での宿泊は多分初めて・・・のはず。
駅周辺には地元の食材を使ったお店がいくつかあります。
サンロードなかまちのアーケード商店街の中にあるこちらのお店は比較的新しいお店ですが、品ぞろえとともに開放感ある明るい店内が特徴です。

お刺身3種盛り合わせ[ハーフサイズ](580円)
ハーフサイズのアテがあるのもいいですね。なので、いろいろな種類のアテでお酒を楽しめます。
こちらの3種盛りは、赤水、はがつお、白いか。
赤水はキジハタともアコウとも言いますが漁獲量が少なく高級魚とされているようです。少しピンクがかった白身が特徴。これを食せるのも山陰の魅力かも。
はがつおは名前からすると鰹系に見えますが実際にはスズキ目サバ科ハガツオ属ということで鰹ではないです。それでも、この地域ならではの魚ということもあり、山陰の魅力を感じさせます。
白いかは剣先イカで、時期的には今が旬だとか。コリっとした食感がいい。
DSC_4443


しまね和牛ステーキ(50g)(780円)
おそらくハーフサイズがなければ手を出さなかったのがしまね和牛。赤身の部分の周りを焼いて旨味をギュッと〆て、肉の味わいをたっぷり感じさせてくれます。丁寧な仕事っぷりが出ているステーキです。
DSC_4456

DSC_4454


奥出雲豆腐 冷やっこ(380円)
奥出雲の方の大豆かな?海もいいけど山の方にも食材はありますし、しかも2種類ということで食べ比べも楽しめます。
DSC_4459


銀山赤どり もも炭火焼き[ハーフサイズ](580円)
県内の石見銀山に近い場所で育った鶏のもも焼きです。1口サイズになっていてしっかり焼かれています。こちらももも肉の魅力を感じることができます。大き目にカットすることでより一層美味しく感じます。
DSC_4461


県内の日本酒が多数揃っており、しかも相当数が同じ値段で飲めるので飲み比べも楽しめます。
DSC_4440

DSC_4441


出雲富士 手づくり純米(徳利)(580円)
先ずは今いる出雲市にある、富士酒造のお酒。出雲の佐香錦を使用した、まさに出雲のお酒。佐香錦のうま味をしっかり引き出してしています。
DSC_4433

DSC_4435

DSC_4437

DSC_4438

DSC_4431


津和野盛 純米酒(徳利)(580円)
続いては県西部にある津和野町の華泉酒造のお酒。こちらも佐香錦を使用しています。米の風味が生きてます。精米歩合は70%!
DSC_4445

DSC_4448

DSC_4449

DSC_4451

DSC_4452


隠岐誉 純米酒(徳利)(580円)
そして最後は、隠岐の島!島にはまだ行ったことはないですが、隠岐酒造のお酒になります。
雄町を使用していています。純米酒ならではの味わい。何となく隠岐の島に行った気分になれるのでしょうか?
DSC_4463

DSC_4465

DSC_4468

DSC_4462


アテの種類もお酒の種類もとにかく豊富で、魅力的なお店でした。

ツバメヤ 住所:島根県出雲市今市町651
DSC_4427


[食べログ.com]


関連ランキング:居酒屋 | 電鉄出雲市駅出雲市駅出雲科学館パークタウン前駅