1年以上間が空きましたが、平成終わりにあたって、鮮魚系で一番インパクトを与えがといえるのがこちらのお店。
鮮魚の鮮度もそうなのですが、価格が破壊的といえるレベルでして、その量に何度か圧倒されました。平成が終わる間際になりましたが、開店前の行列は変わっておりません。
しかも、外でお店の方がその日のおすすめを紹介しているのも変わらず。

あじたたき(650円)
そんな中で選んだのがこちら。メインは焼魚にするのでビールのアテもかねてアジのたたきを。長崎の五島列島産です。アジ1尾をまるまるタタキにして、1尾全体を惜しむことなく盛り付けています。
アジ自体大きいこともあり厚みがあって全体のボリューム感も出ています。
DSC_9566

DSC_9568

DSC_9571

DSC_9562


生インドマグロカマ岩塩焼食べ比べ定食(1450円)+仲卸し雑汁(あら汁)(430円)
そしてメインはこちらのマグロカマの岩塩焼。これが半端ない量でして、ひれがついているのがカマモト。その下にカマトロ、そしてインド鮪ブツまでついております。
カマはこれだけ大きいにもかかわらず全体にしっかり火が通っています。カマモトとカマトロの食べ比べをしてみます。カマモトはひれの部分なのでひれが活動的なこともあって、脂がついている部分もありますが肉つきもよいこともあり、どちらといわれるとカマモトに軍配ですね。
カマトロはカマモト部分に比べると大きいこともあり、肉と脂が全体的に程よく乗っています。
ただボリュームが双方ともにあるので最後食べ飽きてしまいますが。

鮪ブツまでついているのですが、鮪ブツはよく見られる角切りではなく、それこそすき身に近い部分をブツにしているのでうまさが半端ない。
ということを考えると、定食部分で1450円って(いい意味で)ありえない値段だと思います。
そのせいか、愛用しているあら汁の存在がすっ飛んでしまっています。(あら汁のレベルの高さは言うまでもない)
DSC_9583

DSC_9577

DSC_9578

DSC_9584

DSC_9561

DSC_9563


生ビール(550円)
最初のアジのたたきを食するための生ビール。うまい!
DSC_9572


野口鮮魚店 住所:東京都墨田区東駒形4-6-9
2015/07野口鮮魚店1


[食べログ.com]


関連ランキング:海鮮丼 | 本所吾妻橋駅とうきょうスカイツリー駅押上駅