北海道胆振東部地震の影響で開催が危ぶまれていたさっぽろオータムフェスト2018。地震の影響は残っているとはいえ、復興に向けて明るい雰囲気で!ということで会場は熱気にあふれています。

まずはテレビ等をバックに撮影して・・・
DSCN1972


さっぽろオータムフェスト2018 
イベントのHP


つづく
まずは、大通6丁目会場の「北海道はーべすとグリル」の出店へ。

厚岸産 焼きつぶ(2個600円)
厚岸産 焼き牡蠣(2個600円)
貝や魚の焼き物があります。酒のアテにということもあり、北海道らしくつぶと牡蠣で。
牡蠣は小ぶりですが、つぶの方は下味がしっかりついていることもあり、貝焼きらしい味わいに。サイズもまずまずで、奥の方までしっかり詰まっています。
DSC_6691


サッポロクラシック(550円)
ビールはサッポロクラシック。定番ビールですね。
DSC_6692



続いて大通7丁目会場。

HOKKAIDO酒肴探訪ブースは主替わりで出店。
塩ジンギスカン(500円)
今回の地震で震源地となった厚真町。災害を乗り越えて出店したのが厚真のジンギスカン。
サイコロ上ですが焼き加減がよく、アツアツです。
DSC_6703

DSC_6694

DSC_6695

DSC_6696


同じ会場内のHOKKAIDO酒肴MARCHEブースでは焼きじゃがを。
焼きじゃが540(500円)
DSC_6698

DSC_6700



大通公園7丁目BARで日本酒購入。道内の酒蔵、そしてワインなどがあります。
千歳鶴のほうはサーバーからそそぐお酒。
国士無双
千歳鶴 純米吟醸 吟風 生樽(600円)
DSC_6706

DSC_6707



このあと11丁目まで行って折り返し。途中、厚真町のメークインが売っていたので寄付を兼ねて購入。程よいサイズが袋詰め200円と安い!
DSC_6708



そして7丁目会場のHOKKAIDO利き酒酒場。
500円で最大5種類の日本酒が飲めます。(ワンショットサイズですが)
番号を書いた順に並べてくれるのでわかりやすい。
「北の錦 特別純米酒 北のろまん」「福司 辛口本醸造」「国稀 北海鬼ごろし」「男山 生もと純米」「北の勝 鳳凰」。さすがに全種類は飲んでいませんが。
なお、当初予定ではこの時期は日本酒ではなく焼酎だったようです。
DSC_6709

DSC_6716

DSC_6717

DSC_6713

DSC_6714

DSC_6711

DSC_6712

DSC_6715


これ以外でも、各市町村のブースがあるなど、出店規模は圧倒されます。観光的に行ってしまえばそれこそ北海道物産展ですし。

ということで会場を後にしました。
まともに全会場で飲み食いしだしたらいくらお金あっても足りないし胃袋破裂します^^;;