土用の丑の日と丑の日の谷間になりましたが、どうしても鰻が食べたい!
ということで、聖地赤羽のこちらのお店へ。
当然のことながら外での待ちです。

うなぎ蒲焼(1800円)
DSC_2994

DSC_2981

DSC_2982

外待ちしているときでも鰻の蒲焼が売られている姿を見ることができますが、1800円の鰻でも結構な大きさ。
そして安心の産地表示。国産の鰻は大きさもそうですが味わいがいい。

お酒のアテの鰻は最高ですね。名物のジャンハイにしようか日本酒にしようか考えたものの、蒲焼を食べると決めていたので日本酒。奮発した甲斐があります。

鯉生刺(600円)
DSC_2997

初めて食べた鯉の生の刺身。鯉のあらいなどとは違い、生ならではの色合いと味わい。
やわらかさも程よく、今後ここに来た時には必須のメニューになりそう。

まぐろヌタ(600円)
DSC_2991

ヌタ好きなんですよね。最初に食べるアテとして愛用できます。

じゃこ天(350円)
DSC_2998

じゃこ天はたいていはずれがないだけに、これも必需品といえるアテの1つです。

清酒 新潟長陵(350円)
DSC_2988

まるます家は1人お酒3本と決まっているので、3本をどうやって飲むかということにつきます。
今回は鰻メインにしたのでオール日本酒で。

鯉とうなぎのまるます家 総本店 住所:東京都北区赤羽1-17-7
DSC_3000

DSC_2983


[食べログ.com]


関連ランキング:居酒屋 | 赤羽駅赤羽岩淵駅